[B00IJW4XX6] 2016年産 新茶 世界農業遺産 静岡の茶草場農法 手摘み 掛川茶 50g

商品ページ:2016年産 新茶 世界農業遺産 静岡の茶草場農法 手摘み 掛川茶 50g

新芽の育成状況により、販売予定日が遅れる場合がございます。販売数量により柄が変更になる場合がございます。
世界農業遺産に認定された【静岡の茶草場農法】で栽培されたお茶です。
茶草場農法とは、茶草場で刈ったススキやササなどを、茶園に敷きつめる茶草場農法です。
土壌の水はけが良くなり、尚且つ保水性にも優れ、土を新しく蘇らせます。新茶の美味しさを決めるポイントの、茶園の土作りに良いとても優れた農法です。

掛川の一部の茶畑では、茶草場で刈ったススキやササなどを、茶園に敷きつめる敷き草農法が有名です。掛川では、伝統的に行われていますが、全国的にはとても珍しい農法です。土壌の水はけが良くなり、尚且つ保水性にも優れ、土を新しく蘇らせます。新茶の美味しさを決めるポイントの、茶園の土作りに良いとても優れた農法です。敷き草農法とは 掛川の一部の茶畑では、刈り取ったススキやササなどを、茶園に敷きつめる敷き草農法が有名です。掛川では、伝統的に行われていますが、全国的にはとても珍しい農法です。土壌の水はけが良くなり、尚且つ保水性にも優れ、土を新しく蘇らせます。新茶の美味しさを決めるポイントの、茶園の土作りに良いとても優れた農法です。敷き草農法の掛川茶農家 落合虎男さん 掛川で50年以上、お茶に携わっているお茶農家、落合虎男さん(65歳)は、敷き草農法の素晴らしさや敷き方、有効性などを若い世代に伝えられる、数少ない存在です。その虎男さんに、敷き草農法の指導を受けながら、茶園管理をしています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする