[B01B11MBM6] [Travaglini] トラヴァリーニ、ガッティナーラ 2010 リゼルバ D.O.C.G (赤)750ml/ピエモンテ州

商品ページ:[Travaglini] トラヴァリーニ、ガッティナーラ 2010 リゼルバ D.O.C.G (赤)750ml/ピエモンテ州

産地:イタリア、ピエモンテ州、ガッティナーラ(岩の多い土壌、標高320-420m、南-南西向斜面)/原産地呼称: ガッティナーラD.O.C.G
生産者:トラヴァリーニ社(ジャンカルロ・トラヴァリーニ氏)
ブドウ品種:ネッビオーロ 100%/植栽密度:3,500~5,000本/ha/単位収穫量:6,500Kg/ha/収穫:10月初旬手摘み/ヴィンテージ:2010
醸造:ステンレスタンクで15日間発酵。樽で最低3年以上熟成させるが、一部(25~30%)は小樽使用。さらに瓶熟成8ヶ月以上を経てリリースされる。
容量:750ml/ アルコール度:13.5%/ 総酸度:5.8g/L/ 残糖度:1.3g/L/ タイプ:赤ワイン、フルボディ

トラヴァリーニ、ガッティナーラ 2010 リゼルバ 赤
● Travaglini. Gattinara 2010 Riserva D.O.C.G 750ml

ザクロ色がかった深いルビー色。ドライフルーツ、スミレ、桑の実、木いちごなどの豊かな香り。
そして樽香のニュアンスも。ドライでしっかりしたボディを感じさせる。余韻も長い。
樽熟成3年以上そして瓶熟成を経て、硬いネッビオーロが甘いアロマを見せ始めつつあります。
デキャンティングすることで、より深い濃厚さと華やかさが増します。
また、非対称のボトルもユニーク。

1958年にアルトゥロ・トラヴァリーニが設立して以来、
3代にわたってワイン造りの情熱を伝えてきたワイナリーです。
同社の原料ブドウが栽培されるガッティナーラ地区は約1億5千万年前の氷堆積土壌で、
花崗岩、斑岩、石英、長石、鉄などの鉱物質に富んでいます。
カルシュームやマグネシュームが多く、石灰岩が含まれていないため
酸化反応が起こりやすいという、イタリア国内でもまれな土質が、
ワインの豊かなアロマとバランスを造りだします。
現オーナーはジャンカルロ・トラヴァリーニ氏が奥様とともに
更なる高みを目指して運営しております。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする